ヒゲ脱毛って病院でできるの?メンズサロンとどう違う?

ヒゲ脱毛をしよう!と思い立って調べてみると、そのサロンの多さに圧倒されませんか?

 

そして「クリニック」「脱毛サロン」などの選択肢があり、どれを選べばいいのかわかりません。

 

病院とメンズサロンのヒゲ脱毛の違いとおすすめの脱毛方法

  1. 病院で行なう脱毛
  2. メンズサロンで行なう脱毛
  3. ヒゲ脱毛する際の、おすすめの脱毛方法

 

脱毛は、脱毛方法により効果や痛みが変わります。

 

また病院でしか行なえない脱毛方法もありますので、正しく理解しておく必要があります。

病院でのみ行なえる「医療レーザー脱毛」

ヒゲソリ

美容クリニック、美容皮膚科などには必ず医師がいます。

 

医師の監督下でのみ行なえるのが「医療レーザー脱毛」です。

 

医療レーザー脱毛とは、レーザー脱毛の光が強力になったものであり、効果も高いものです。

 

その光の出力のゆえに、医師の指示なしに用いることはできません。

 

医療レーザー脱毛では毛の黒色メラニンに反応し、毛の組織を消滅させます。

 

威力が強いため効果が高いですが、その分痛みも伴うのが難点です。

 

また毛の内部で炎症を起こす可能性も強く、毛が濃い人ほど痛みが強いです。

メンズサロンで行なう「光脱毛」

脱毛サロンでできる脱毛方法
  • 光脱毛
  • ニードル脱毛

 

光脱毛

 

脱毛サロンで主流となっているのは、「光脱毛」です。

 

これは原理は医療レーザー脱毛と同じなのですが、光の波長が弱いため、医師の監督なしでも使用が許されています。

 

医療レーザー脱毛よりも即効性は少ないですが、回数を重ねることで確実に毛が薄くなり、完了時にはほとんど目立たなくなります

 

完全になくすのではなく「抑毛」したい方や、肌が弱い人には光脱毛がおすすめです。

 

ニードル脱毛

 

これは従来の脱毛方法でして、毛穴のひとつひとつに電子針をさして、毛根を焼ききっていくという方法です。

 

この効果は永久的で、10年、20年先も効果が続くと言われています。

 

ですがニードル脱毛は果てしなく時間がかかること、そして痛みが毛のタイプによっては、結構強いことが難点です。

ヒゲ脱毛する際の、おすすめの脱毛方法

脱毛の「痛み」は「毛の濃さ」に比例します。そのため、光の強さは同じでも毛が濃い部分に当たると痛みは増します。

 

ヒゲは他の部分よりもひとつひとつの毛が濃く太いので、どの方法をとっても他の部位よりは痛みは出ることを覚悟しましょう。

 

そう考えると、ニードル脱毛がかなりの痛みがあるということは理解できますね。

 

実際ニードル脱毛でヒゲ脱毛をした口コミを見ると、「涙が止まらなかった」というコメントを多く見ますが、割と古い情報や初回お試し脱毛だけで終わっている人のコメントがほとんどですね。

 

ニードル脱毛をした管理人の感想

 

管理人の私は、初めての脱毛は光脱毛とレーザー脱毛どちらも体験していて、数度通った後の残ったヒゲをTBCのニードル脱毛で処理しました。
既に髭が細くなっていたせいか、痛みはそれほど感じませんでした。
施術後は、皮膚の毛穴が少し赤くなりポツポツとした吹き出物のような軽い腫れがありましたが、痛み自体はレーザー脱毛に比べて弱く、メンズ脱毛の光脱毛よりちょっと感じるくらいの程度で、本当に楽でした。

 

ニードル脱毛は、その人の毛のタイプによって、施術時の痛みに大きな差がでます。

 

クリニックや美容外科で行う、光が強い「医療レーザー脱毛」は、ほとんどの人は痛みが強いという感想です。

 

しかし、これも、既に毛が細くなっていれば、痛みは少なめです。

 

試しに髭とスネ毛をレーザー脱毛で比べてもらうとすぐにわかります。

 

ほとんどの人の毛はヒゲに比べてスネ毛のほうが柔らかく細いので、同じ強いレーザー光で照射しても、痛みの反応はスネ毛のほうが少ないはずです。

 

これらを考えると、少し効果が低くなっても、回数を重ねることで効果が得られる光脱毛がはじめは、一番おすすめであると言えます。

 

痛い医療レーザー脱毛を途中で諦めるよりも、通い続けることのできる光脱毛を続けた方が効果は高いのです。

 

ヒゲ脱毛の方法を選ぶ際には、他の部位とは違い、「痛み」を考慮に入れて選ぶことをおすすめします。

 

その点で最近主流の光脱毛は、痛みも少なく効果も上がっているのでおすすめです。

 

ある程度毛の量が減って、毛が以前よりも細くなってくると、レーザー脱毛でもニードル脱毛でも対応しやすくなるので、最後の永久脱毛としての選択肢も広がります。