ヒゲソリ負けなるべくしないためにはどうしたらいい?

ヒゲソリ

ヒゲソリ負けしたあご、実は女性から大不評だって、ご存知でしたか?

 

おしゃれ髭は「ワイルド!」と言われるのにヒゲソリ負けは「不衛生」と見られてしまうのです。

 

ヒゲソリ負けは絶対に解決すべき問題です。

 

 

ヒゲソリ負けの原因と対策

  1. ヒゲソリ負けの原因とは?
  2. ヒゲソリ負けをなるべくしないためにはどうすればいいのか?
  3. それでもヒゲソリ負けしちゃう・・そんなときは?

ヒゲソリ負けの主な原因とは?

ヒゲソリ負け、とはヒゲソリの際のカミソリとの摩擦が原因で肌に炎症が起きた状態です。

 

ヒゲソリ負けの症状
  • 肌が赤くなる
  • 乾燥でひりひりする
  • ひどいと腫れや炎症
  • かゆみ
  • 出血

 

社会人の場合この問題は深刻です。特に営業さんや接客業の方の場合、第一印象が勝負になりますね。

 

そんな時にヒゲソリ負けした赤い顔だと、顧客やビジネスチャンスを逃してしまう可能性もあります。

 

そんなヒゲソリ負けは、カミソリで肌の表皮を傷つけることが原因となっています。

 

肌へダメージを与えるヒゲソリポイント
  • カミソリが悪い
  • カミソリが不衛生
  • ヒゲソリ方法が間違っている

 

カミソリが悪い

これは、カミソリの性能や切れ味が関係しています。

 

何ヶ月も同じカミソリを使っていませんか?そうすると、切れ味が悪いため何度も肌に当てることになってしまいます。

 

また肌を傷つける原因ともなりますので、定期的にかつ頻繁に新しいカミソリを使いましょう

 

刃数が多いカミソリは肌への摩擦は少なくなります。

 

カミソリが不衛生

カミソリのケアをきちんとしていないと、肌トラブルを招きます。

 

ヒゲソリをした後にきちんと水洗いしていますか?シェービングフォームやジェルは残っていませんか?

 

不衛生なカミソリはニキビや肌荒れの原因ともなりますので、水洗いと乾燥を毎日行ないましょう。

 

またヒゲソリ後のタオルも、毎日清潔なものを使いましょうね。

 

ヒゲソリ方法が間違っている

 

ヒゲソリで大切なポイント
  1. 準備
  2. 剃り方
  3. アフターケア

 

準備

肌トラブルを起こさないためには、髭を剃りやすい状態に整える必要があります。

 

髭を蒸しタオルなどで柔らかくしておくと、剃りやすく肌トラブルも起こしにくいでしょう。

 

またきちんとシェービングフォームを使うことで、肌との摩擦も減ります。

 

剃り方

 

髭の毛流れに沿って剃ることで、ヒゲソリの際の毛・肌への圧力も軽減することができます。

 

アフターケア

 

ヒゲソリの後には、化粧水などでたっぷり保湿しましょう。特に乾燥が原因でヒゲソリ負けしている方には、保湿はとても有効です。

 

乾燥肌の方は、化粧水に加えて、潤いを閉じ込める乳液やクリームを使うと効果的ですね。

それでもヒゲソリ負けしちゃう・・そんな時は?

細心の注意をはらってカミソリでヒゲソリをしても、ヒゲソリ負けが治らない時は、回転式の電動シェーバーをおすすめします。

 

電気シェーバーは肌にあたる面積が少なく、肌トラブルを起こしにくい!

 

それでもだめなら、ヒゲ脱毛をしてみるのはいかがでしょうか?

 

ヒゲソリ負けを長年続けている方は、肌が硬化してしまいなかなか完治しない場合があります。

 

それでもヒゲソリは続けなくてはならないので、肌にとってもダメージを与え続けてしまうことになります。

 

ヒゲ脱毛は、肌ダメージはなく、ヒゲだけをすっきりなくして自己処理からも開放してくれます。

 

ヒゲソリ負けは、原因を見極めた対処法が必要です。

 

そのために自分が行なうヒゲソリ方法を再度見直してみて、早期の解決へ一歩踏み出しましょう!