メンズ財布は銀座のセレクトショップがおすすめ!20代でもリッチに見えるのは?

財布を選ぶ時に何を重視しますか?ブランド?ポケットの数?財布は見た目のインパクトの多いアイテムの一つです。

 

選ぶ財布によっては身につけている人の人となりにまで良くも悪くも影響します。

 

革財布購入する時の基本要素

  1. 形状
  2. 素材

「リッチマンといえば長方形財布」は単なるイメージ

財布

長方形の財布は紙幣に折り目がつきにくいため、つまりは「札を持っている人=リッチマン」というイメージがあります。

 

実際はそうではありません。

 

一般に大金を所有している人でも折りたたみ財布を愛用している人はいます。

 

そもそもそういう人はカードを普段使いしている可能性が多いので、当然長形財布のみにこだわることもないでしょう。

 

形状において意識すべきことは適度なサイズを選ぶこと!

 

不必要に大きな財布

  • 見た目がスマートではない
  • 服のポケットへのおさまりが悪い
  • 不格好な印象を与えてしまう

 

二つ折り財布の注意点

  • 折りたたむことによって厚みが出る
  • たくさんのポケットがついたものを選ぶと、服に意味なくふくらみを与えてしまう
  • 取り出した時もずんぐりした心象を与える

 

自分の手と服のポケットに合った大きさを選ぶことが重要です。

ブランドロゴは二の次

日本人はブランド志向が強いので、財布もやはりブランド基準で選ぶ人は少なくありません。

 

そういうタイプの人には、ブランドロゴを前面にあしらった財布を好んでしまう人もいます。

 

はたから見た人は「見栄っ張り」という印象をもってしまうかもしれません。

 

財布はロゴものよりもシンプルなデザインを選ぶほうが無難!

 

シンプルであれば、例えばスーツなど色の統一性が高い服装で動く時にも、財布が浮き立ってしまうことがありません。

 

もちろんブランドものでもシンプルなデザインであれば、受けの良いものに出会えるでしょう。

素材はシワのつきにくいものを選ぼう

一口に財布といってもその素材は様々で多種多様です。

 

素材の種類

  • 牛革
  • 鹿
  • ワニ
  • 豚の革
  • トカゲ
  • サメ

 

いろいろある中でも牛革はベストオプションの一つと言えます。

 

牛革の魅力

  • 丈夫
  • 特別な手入れが必要ない
  • 使用に伴い「味わい深さ」「アンティーク感」が生まれやすい
  • 逸品モノに見える
  • 流通量が多いので色柄の選択肢が広がる

 

財布は単なるお金入れではありません。

 

取り出した時にはもちろん、服のポケットにしまってある時でもその人のスマートさを左右する立派なファッションアイテムです。

 

形状とデザイン、そして素材を意識しましょう。

 

また、必ずしも高級品である必要はありません。

 

身丈に合ったシンプルな財布は、落ち着きを演出します。

 

これらを踏まえたうえで、身につける人をリッチに見せる自分の逸品にたどりつきましょう。

 

大人の街:銀座の財布セレクトショップ

 

藤巻百貨店 銀座店

 

2016年春にオープンしたばっかりのお店でユニークな逸品から、クラシカルなものまで幅広く取り揃えています。